年を重ねるごとにお腹まわりがふっくら、ぽっこり。 選ぶ洋服は体のラインが目立たないゆったりしたデザインばかり。 物凄く体重が増えたわけではないのに、どうして!? 気になるお腹まわりをすっきりさせるためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

内臓脂肪を減らすコツとは?女性のためのお腹ぽっこり撃退法!

内臓脂肪を減らす食事のレシピを知りたい

2018年05月17日 21時43分

内臓脂肪を減らす食事のレシピを知りたい方が増えています。
理由としては肥満に悩む方が増えているからで、これを改善するには、伝統的な和食にすると効果が期待できる食事です。

肉を減らして魚や野菜そして海藻やキノコを取り入れます。
低脂肪で繊維質の多い食事をとる事で内臓脂肪を減らす事が可能です。
キャベツやりんごそして青魚を上手くとりいれたレシピがお勧めになります。

肉を選ぶ場合には豚肉だとバラ肉よりヒレを選ぶなど脂の少ない物を食べると内臓脂肪が減りやすくなるのでお勧めです。

なるべく多くの品数を食べるようにしたり、油物を控えるのが良い方法になります。

イカとわかめの酢の物やオクラとアジのマリネはこの代表的なレシピです。
これらの組み合わせは内臓脂肪を減らす作用が期待できます。

青魚や海藻そして野菜を積極的に取り入れると良いです。

発酵食品である納豆やみそ汁を一日に一回は取り入れると内臓脂肪を減らす食事になります。

冷えたご飯を食べるようにすると、内臓脂肪を減らす事が可能です。
温かいご飯より冷めたご飯を食べる習慣を身につけます。

この他にトマトやグレープフルーツを使用したレシピを増やすと良いです。
例えばフルーツサラダにしたり、スープとしてこれらの食材を使用します。

お肉を減らしてキャベツや玉ねぎを多めにした生姜焼きを作るなど工夫をする事が大事です。
トマトベースのミネストローネは野菜とタンパク質、そして炭水化物がとれます。