年を重ねるごとにお腹まわりがふっくら、ぽっこり。 選ぶ洋服は体のラインが目立たないゆったりしたデザインばかり。 物凄く体重が増えたわけではないのに、どうして!? 気になるお腹まわりをすっきりさせるためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

内臓脂肪を減らすコツとは?女性のためのお腹ぽっこり撃退法!

内臓脂肪を減らす薬は効果があるのか

2018年05月17日 21時26分

内臓脂肪を減らすことができる薬には医療機関で処方されるものや、ドラッグストアで購入できるものなどがあります。
これらは使っているだけで劇的に内臓脂肪が減るというものではなく、その補助をする作用のあるものです。

使っていれば安心だと考えて暴飲暴食をしてしまうと意味がなくなってしまうので注意しましょう。

漢方薬の中には血行が良くなり、基礎代謝を向上させて内臓脂肪を燃焼させるものがあります。

また、処方薬では食欲を抑えることで食べる量が減り、結果的に内臓脂肪が付きにくくなったり、摂取した脂肪分の吸収を抑えるなどが期待できる効果です。

ただし、副作用が出る危険性もあるので、過剰に服用せずに医師の指導に従って使用しなければならず、判断によって処方されないこともあります。

ドラッグストアで処方箋がなくても購入できる薬の場合、有効成分の量が少ないので効果が弱くなります。
健康保険も適用されないので費用が高くなってしまうことデメリットになるので、まずは医師に相談して処方してもらえるか確かめてみると良いでしょう。

内臓脂肪を減らすのに効果的なサプリメントも販売されており、薬ではないので副作用はないと説明されることもありますが、これは誤りなので注意が必要です。

サプリメントでも体質に合わないものを摂取したり、過剰に摂取すれば異常が起きる場合があります。
病気の治療で薬を使っているときに併用して副作用が出ることもあるので、異常を感じたとき、または使用前に医師に相談すると安全です。

内臓脂肪を減らすのに役立つサプリを知りたい人はこちらへ