年を重ねるごとにお腹まわりがふっくら、ぽっこり。 選ぶ洋服は体のラインが目立たないゆったりしたデザインばかり。 物凄く体重が増えたわけではないのに、どうして!? 気になるお腹まわりをすっきりさせるためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

内臓脂肪を減らすコツとは?女性のためのお腹ぽっこり撃退法!

内臓脂肪を減らしたい女性必見!みんなが取り入れている方法とは?

女性の年齢と内臓脂肪の関係とは!?

内臓脂肪が増えて悩んでいる


内臓脂肪とはお腹の中、内臓のまわりにつく脂肪です。一方皮下脂肪は皮膚の下にあり、掴むことができる脂肪です。

一見スリムに見えても、内臓脂肪がついた隠れ肥満になっている方も少なくありません。

 

内臓脂肪は腹筋の内側につく脂肪なので、体の表面から掴むことはできません。

本来はお腹の中で内臓の位置を一定に保ったり、外部からの衝撃を防ぐ役割を果たします。

ところが生活習慣の乱れや高カロリーな食事を続けていると、消費しきれなかった脂肪が内臓があるお腹のまわりを中心に蓄積されます。

この肥満状態は「りんご型」と呼ばれ、一般的には男性に多い肥満タイプと言われています。

女性の体は内臓脂肪よりも皮下脂肪がたまりやすいように作られていますが、30代後半以降更年期が近くなると、ホルモンの影響や筋力と代謝の低下から内臓脂肪がつきやすくなるのです。

そのためこれまでと同じ生活ではなく、適度な運動を始めたり食事の内容を見直すなどしなければ、体形の維持は難しくなります。

 

ところが頭ではわかっていても、習慣を変えるのは難しいですよね。

そこで無理なく始められる習慣として、サプリメントを取り入れる方が増えています。


>> 内臓脂肪を減らしたい人に今人気のサプリメントがこちら!!

 

内臓脂肪を減らすのは難しくない!女性が気を付けるべきポイントとは?

内臓脂肪を減らす女性は食事の改善が欠かせない


内臓脂肪は運動すれば減り食べ過ぎたら増えるという変動しやすい性質を持っていることから、比較的落としやすく、燃やしやすいと考えられています。

特別な食事制限や運動は必要ありません。

食生活の改善や適度な運動、規則正しい生活など、生活全体を見直すことで内臓脂肪を減らすことができるのです。

内臓脂肪は落ちやすい反面つきやすくもあるので、一度ダイエットをして終わりではなく、正しい生活習慣を継続していく必要があります。

 

内臓脂肪がつく最大の原因は、食生活の乱れです。

現代の日本人の食事はこれまで食べられていたヘルシーな和食から、脂質や糖質の多い欧米食が主流になりました。

この食生活の変化が、内臓脂肪が増える一番の原因として考えられています。

 

加齢や運動不足で代謝がや筋力が落ちたにも関わらず、10代20代の頃と同じ食事をしていませんか?

ドキッとしたら要注意です。

食生活は年齢に合わせて変化させなければ、皮下脂肪や内臓脂肪を溜め込むだけでなく、生活習慣病のリスクまで背負ってしまう危険性があります。

 

内臓脂肪を落とす食事方法としては、糖質制限(炭水化物制限)が効果的といわれています。

脂質の多いものを避け、魚や野菜を中心にバランスの良い食事を心がけましょう。

女性の場合、間食にも注意が必要です。

またアルコールは食欲を増進させる効果があるため、飲む量を減らすか休肝日を作るだけでも内臓脂肪を減らすことにつながります。

 

しかし厳しすぎる食事制限や過度な我慢はストレスになり、長い目で見ると良い結果にはなりません。

無理のない範囲で気をつけながら、お腹の脂肪を減らすのを助ける効果があるサプリメントを活用してはいかがでしょうか?

内臓脂肪を減らすために女性でも継続できる運動とは?

内臓脂肪を減らす女性には有酸素運動が必要


内臓脂肪はお腹にあるから腹筋運動をすれば落ちるのでは…と思いませんか?

ところが腹筋運動は腹筋を強くするだけで、内臓脂肪は減らないと言われています。

 

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が必要です。

有酸素運動はウォーキングやジョギング、自転車やヨガなどが挙げられますが、 運動の経験や習慣がない人にとってはハードルが高いですよね。

有酸素運動は20分以上続けないと脂肪が燃焼せず意味がないなどと言われますが、 これより短い時間では脂肪燃焼がまったく起きないというわけではありません。

 

一度に長い時間運動し続けなくても、「総有酸素運動時間」で考えて良いのです。

 

一日の総有酸素運動時間で考えた場合、

30分×1回=30分の有酸素運動

よりも、

10分×5回=50分の有酸素運動

を継続した方が日々の負担は軽くなります。

 

日常生活の中でエレベーター、エスカレーターを使わずなるべく階段を使う、電車やバスを下りて一駅分余分に歩くなど、手軽に継続できる方法を見つけましょう!

より早く運動の効果を実感したい方は、サプリメントを取り入れることをおすすめします。

内臓脂肪を減らしながら女性のキレイを維持するヒントとは?

有酸素運動に筋トレをプラスして太りにくい体へ!

有酸素運動は直接脂肪を燃やすので内臓脂肪を減らすためには有効な運動ですが、有酸素運動をすると筋肉量も減りやすくなります。

筋肉量が減ると代謝が下がってしまうため、並行して筋トレも取り入れていくと太りにくい体を作ることができます。

内臓脂肪を減らすことだけではなく、減らしたあとに維持していくことを考えなければいけません。

サプリメントなら無理なく習慣にできるので、長く継続することで効果を持続させることができます。

> 誘導先へのリンク(当方が実施します。)
 

たんぱく質を取り入れたバランスの良い食事は必須!

食事制限に気を取られると、食事のバランスが乱れがちです。

極端な食事制限は体に悪影響があることはもちろんですが、ストレスが溜まり反動で過食に繋がることもあります。

また食事制限だけで痩せた体は筋肉が落ち、代謝が下がって太りやすい体になります。

 

太りにくい体を作るためにはバランスの良い食事を心がけ、たんぱく質を摂取することが欠かせません。

たんぱく質をしっかり摂取することで筋肉量を維持しやすくなり、脂肪を燃焼させやすい体になります。

 

内臓脂肪を減らすためには生活習慣そのものを見直す必要があります。

そしてそれは、即効果が出るものではありません。

一日も早く努力の成果を実感するために、サプリメントを併用することをオススメします!

>> 努力の成果を早めるために有効なサプリメントをチェックする!
 

シボヘールは葛の花由来イソフラボンを含む機能性表示食品です。

葛の花由来イソフラボンは脂肪合成の抑制と脂肪の分解、燃焼をサポートし、お腹の脂肪を減らすのを助ける効果があることが研究データにより実証されています。

内臓脂肪を減らすためには食生活の改善、適度な運動、規則正しい生活など、日々の生活を見直すことが大切ですが、それにサプリメントを加えることで、より一層お腹の脂肪は減りやすくなると考えられています。

生活習慣の改善や運動の継続が難しい状況にいる方でも、サプリメントを飲むだけなら手軽に続けることができますよね。

今、シボヘールをらくらく定期便で申し込むと、初回限定価格、送料無料でお得に購入することができます。

申込内容の変更や停止はいつでも簡単にできるので安心です。